Xperia 1 IIの「音」

TL;DR

Xperia 1 IIが外部アンプを搭載したようなので、その音を聴いてみる。


まず調べてみた。

Device Info HWで確認したところ、Xperia 1 IIはCirrus Logic CS35L41というアンプを使っているようだ。CS35L41はモノラルアンプなので、Xperia 1 IIではそれを2基搭載するデュアルモノラル構成となっている。

2020/6/4追記: CS35L41自体は、出力の大きさ的にスピーカー用の可能性が高く、イヤホンジャック用のアンプとしても用いられているかは不明です。「音質にこだわりデュアルモノラル構成」というよりは、モノラルスピーカーの端末での利用も想定して1chずつ売られているアンプを、ステレオ用に2つつけているだけかもしれません。以下のレビューは、「アンプが変わったから音は良くなっているはずだ」という先入観は持たず、素の音質をレビューしたものです。


実際に聴いてみた。

Xperia 1 IIはXperia XZ2 Premium (+付属のAAAMアダプター) から音がどのように変化したのか比較してみる。試聴には、SONY MDR-1A (ヘッドホン) + SONY MUC-S12SM1 (リケーブル)、final E1000 (イヤホン)を用いた。

条件を公平にするため、両機ともオーディオ関係のエフェクトは全てオフとし、どちらも内蔵の「ミュージック」アプリを使用した。

比較に用いた音源は、クラシック、映画音楽、ジャズ、アニソン、Jポップなど、幅広いジャンルから選んだ。

一聴して、その別物さ加減に思わず笑みが浮かんだ。

まず初めに気づくのは、Xperia XZ2 Premiumでは音が濁った感じだったのに対し、Xperia 1 IIでは音がクリアで鮮明になっていることだ。その結果ボーカルや楽器の音に艶感や瑞々しさがあらわれ、全体的に音のリアリティが向上している。オーディオ機器のレビューでよく「ヴェールが取れたような」や「一皮むけたような」などといった表現をよく目にするが、まさにそのような感覚があった。

また、全体的に音の厚みが増しているのを感じる。特に中音域の厚みが増していて、Xperia XZ2 Premiumに比べてフラット寄りの音になった。音の解像感も向上しているので、厚みが増加したからといって音が雑になったりせず、一つ一つの楽器の音がきちんと描き分けられ、低域がややタイトになったように感じられる。

そして、定位はXperia XZ2 Premiumと比較してバシッと決まっている。これに関しては、公式サイトの以下の表記が関係しているのかもしれない。

さらに、左右の音の混ざりを、Xperia1比で約10分の1に低減したので、よりクリアな音質を楽しめます。

Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー) | オーディオ | Xperia(エクスペリア)公式サイト

「左右の音の混ざり」と言うとおそらくクロストークのことだと思われるが、アンプがデュアルモノラル構成になったことでクロストークが低減され、その結果定位が良くなったと考えれば納得がいく。 (2020/6/4追記: アンプがスピーカー用と思われるため真偽不明)

また、Xperiaは音の出力が弱いと言われがちだが、これに関してはXperia XZ2 Premiumと比べても優位な差があるようには感じられなかった。だが、全体的に音の厚みが増しているせいか、ややXperia 1 IIの方が大きいように感じられた。


おわりに

アンプが外部アンプになったことが功を奏したのかは分からないが、Xperia 1 IIはかなり基礎体力が強化されているように感じられた。本当に今までのXperiaはなんだったのか。もはやXperia XZ2 Premiumで音楽を聴くのはアーティストに失礼ではないのかという気さえしてくる。

それに対しXperia 1 IIは「今までの『Xperiaはソニーのくせに音質が悪い』というイメージを払拭してやろう」という気概を感じられ、好感が持てる端末だった。


余談

この音の変わりようは、本人には失礼だが、少なくともXperia Z3シリーズの頃からずっとXperiaのオーディオを担当してきた松本氏(↑ の写真右端)に変わり、ソニー・ミュージックのサウンドエンジニアがチューニングを担当したからだと思われる。

以前ソニーストア大阪で行われた「Xperia™ × Music 使いこなしセミナー」というイベントでは、Xperia XZ2シリーズの商品企画担当の市野氏が「Xperiaではスペック上ハイレゾ対応させるだけでなく、オーディオマイスターの松本氏が音質をチェックし、チューニングを重ねOKが出て初めてハイレゾロゴを与えることができる。」と語っていた。

Xperia 1 IIではそのチューニング作業をソニー・ミュージックのサウンドエンジニアに委託したことによって、ここまでの音質向上がみられた。外部アンプの搭載は、サウンドエンジニアの要求する音質レベルに応えるためである可能性が高い。

それにしても、Xperiaのオーディオ周りをWalkmanの開発チームに協力してもらわず、ソニー・ミュージックにお願いするあたり、ソニー内部のしがらみを感じるのは筆者の気のせいだろうか。ソニー・ミュージックのサウンドエンジニアには音に関する知見はあっても、オーディオ機器に関するノウハウはないかと思われるので、頼めるのはチューニングぐらいだろう。しかし、Walkman開発チームと協力すると、パーツ選定や筐体設計等の段階からの根本的なテコ入れが期待できる。

いくらスマホが頑張ってもテレビやカメラの売上を脅かしたりはしないだろうから、BRAVIAやα、CineAltaの開発チームがXperiaの開発に協力することにはあまり抵抗がないように思われる。しかし、Walkmanの開発チームからすると、あまりXperiaに頑張られると、Aシリーズあたりが脅かされかねないと考えているのかもしれない。特に最新のA100シリーズはモバイルネットワーク通信が行えない以外、ほぼスマホのようなものだ。

いやしかし。たとえば今までなんとなくiPhoneを買ってきた人や、こだわりを持ってGalaxyを選んできたような人が、Walkanを持っている(または興味がある)としよう。ここで、もし仮にXperiaがWalkman並みの音質を備えたとして、それを買えば1台でまとまるという理由だけで、今まで使ってきたブランドからいきなりXperiaに乗り換えたりするだろうか。全くありえない話ではないが、おそらく大半の人たちにとってはいまいち決め手に欠けるのではないだろうか。おそらくXperiaの音がWalkman並になったところで、Xperiaを買う層は以前とあまり変わらないように思われる。つまり、心配すべきは「今までXperiaを買ってきた人たちがWalkmanを買わなくなるかもしれない」という点だけであるようにも思える。

それに、もしXperiaの音質向上を心配して協力しなかったとしても、ZTEやLG等のメーカーはスマホの音質を頑張っている。ここに顧客を取られるとは考えないのだろうか (まあ実際そんなにシェアはないが)。意地を張って協力しなければ他社スマホに顧客を取られるかもしれず、中途半端にXperiaに協力すればXperiaに顧客を取られるかもしれない、という状況においては、むしろXperiaチームとWalkmanチームで売上を山分けする勢いでガッツリ連携し、オーディオに本気のXperiaを開発したほうがWin-Winな気もする。(※個人的な意見)

昔はXperiaにも「ウォークマン」アプリが搭載されていたが、それがただの「ミュージック」アプリになって久しい。いつになったらXperiaとWalkmanは和解するのだろうか。個人的には、XperiaチームとWalkmanチームの共同開発の、「S-Master HX搭載、44.1kHz系/48kHz系クロック両搭載、4.4mmバランス接続対応」とかいう尖ったXperiaをみてみたい。


井戸水

ガジェット、オーディオ、映画館が好きな情報系の大学生。

コメントを残す…