Dolby CinemaとIMAXレーザー/GTテクノロジー

TL; DR

2大PLF(プレミアム・ラージ・フォーマット)、Dolby Cinema(ドルビーシネマ)とIMAXレーザー/GTテクノロジーに関して、それぞれのレビューをしつつ、魅力を語りたいだけ語る。


(参考) 今まで見た作品

Dolby Cinema
(いずれも梅田ブルク7)

  • Ready Player One; レディ・プレイヤー1 (字幕)
  • Matrix; マトリックス (字幕)
  • Joker; ジョーカー (字幕)
  • Terminator: Dark Fate; ターミネーター:ニュー・フェイト (字幕)
  • Frozen 2; アナと雪の女王 2 (字幕)
  • Frozen 2; アナと雪の女王 2 (吹替)

IMAXレーザー/GTテクノロジー
(いずれも109シネマズ大阪エキスポシティ)

  • Joker; ジョーカー (字幕)
  • Terminator: Dark Fate; ターミネーター:ニュー・フェイト (字幕)
  • Frozen 2; アナと雪の女王 2 (字幕)

その他:


Dolby Cinema

必須ではないが、入り口には上映する映画に合わせたものを映すAVP (オーディオビジュアルパス、オーディオビジュアルパスウェイとも) が設置されている劇場もある。
残念ながらマトリックスのときはトラブルで何も映っていなかった。
Dolby Cinemaの基調は黒に青(ドルビーブルー)の差し色だ。

やはりDolby Cinemaといえば “黒” がとにかくすごい

プロジェクターのダイナミックレンジの高さや暗部の表現能力の高さもすごいが、劇場デザインによる黒の追求もすごい。スクリーンの光をあまり反射しない壁やシートなどの内装のおかげで、照明が消えるとほぼ真っ暗になる。この暗さや黒さに慣れると、普通の劇場に行った際、スクリーンの光の反射がどうしても気になってしまう(こともある)。Dolby Cinemaは、とにかく最高の “黒” を追求した劇場になっている。

黒×青デザインの劇場内

そんな最高の “黒” を追求した劇場で観るHDR(Dolby Vision)の映像とか凄くないわけがない。Dolby Laboratoriesが映像(Dolby Vision)も音響(Dolby Atmos)も劇場デザインも、全てパッケージングしてDolby Cinemaという名称で提供するのもうなずける。

梅田ブルク7のDolby Cinemaのスクリーン比率はおそらくFLATなのでSCOPEの映画では黒帯が出るが、黒が本当に黒いので帯があることを意識しなければさほど気にならないのも良い点。


Dolby Cinemaでは、上映直前にDolby Cinemaの構成要素であるHDR(Dolby Vision)とオブジェクトオーディオ(Dolby Atmos)を説明して実演するトレーラー、Universeが流れる。

↓ 日本語版

初見のときはかなり楽しかった。Dolby Atmos (for Home) なら自分のホームシアターでも体験できるが、小さな空間での5.1.2ch構成ごときでは到底追いつくことができない、本物のDolby Atmos (for Theater) をじっくり体験し、味わうことができた。

また、Dolby Visionの説明での「今見ているこの色は、実は黒ではありません。これが、本物の黒。」のナレーションとともに、画面中央に映る白丸の輝度が下がることなく(むしろ上がってる?)、周辺の黒浮きした部分だけがきれいにストーンと落ちてほぼ真っ黒になるデモはかなりびっくりした。

現在使用している輝度250nit(笑)でコントラスト比1000:1(笑)ごときでHDR対応を謳う、ローカルディミング非対応の格安4K液晶モニターとの格の違いを見せつけられた。

初見のときは本編が始まる前のそのトレーラーだけでももう十分楽しくて、ワクワクして、無意識に変な笑みを浮かべていた。「おお…」と声が出そうになったのを抑えるのが大変だった。 なんて言ったってオーディオビジュアル業界にいる人達をも唸らせるレベルなのだから。

最初に画面に映し出されたのは、黒い背景に白い線で描かれた円が浮かんだ映像。正確に言えば、グレーのスクリーンの中央にぽわっと白い円が映っているイメージでしょうか。大沢氏いわく、実はこれが「一般的な、良い映画館の映像と呼ばれるもの」。ここで映像がドルビーシネマに切り替わると・・・不意に目の前のスクリーンが消えて漆黒の空間が広がり、鋭いエッジの白い円が浮かび上がったではありませんか!劇場のあちこちから「おぉ」というどよめきが漏れ、筆者も思わず隣の編集M氏と顔を見合わせたほどです(笑)。大沢氏の言葉を借りて言うなら「私たちは本当の『黒』を見ていなかった」!

ドルビーシネマで見えた『アベンジャーズ』本当の姿! “驚愕の漆黒表現”を体験してきた – PHILE WEB
https://www.phileweb.com/review/column/201905/22/734.html

ところで、Dolby Atmosの説明の “this is the world’s first object-based cinematic audio.” が日本語吹替版ではcinematicが取れて「世界初、オブジェクトベースの、オーディオテクノロジー。」になってるのはよくない気がする。オブジェクトオーディオ自体は昔から存在するからだ。


Dolby Cinemaのトレーラーは4回ともUniverseだった。Universeは観ていて楽しいが、個人的にはDolby VisionとDolby Atmosの解説しかしていないUniverseとは違い、劇場デザインについても触れているElementも流してほしい。なお日本のDolby CinemaでElementが流れたという情報はない。


「アナと雪の女王 2」はDolby Cinemaで観ると「映画」が「観るアトラクション」に変貌する。映像の繊細さ、色彩の鮮やかさ、コントラスト比、明るさにおいて、IMAXレーザー/GTテクノロジーを圧倒していた。黒背景でキャラが歌うシーンや、暗い海を(肌も髪も服装も白っぽい)エルサが渡ろうとしているところに暗い空から雷が落ちてくるシーンなど、コントラスト比の高さがよく分かるシーンが多かった。Dolby Cinemaで本作を観た後にIMAXレーザー/GTテクノロジーでも観たのだが、(なんかぱっとしないし、ただ画面が大きいだけじゃん…)という印象になってしまい、観る順番を間違えたような気がした。もちろんIMAXレーザー/GTテクノロジーが凄くないわけではないのだが、Dolby Cinemaはそれを凌駕している。この作品は過去最高のDolby Cinema向き映画だと思えた。最初に観た字幕版では暗いシーンでの字幕が煌々と輝いているのが気になって、コントラスト比の高さが裏目に出ているような感じがあった。後に吹替版を同じくDolby Cinemaで観たのだが、字幕がない分、映像美を堪能することに集中できた。日本語Dolby Cinemaコンテンツは貴重なので、吹替に抵抗がない限り吹替で観ることをおすすめする。

Dolby CinemaのDolby Visionと黒の表現能力が、「ターミネーター:ニュー・フェイト」では夜間(=低輝度)のアクションシーンやそこで起こる爆発(=高輝度)などを引き立てていた。

「ジョーカー」や「マトリックス」は全体的に暗めのシーンが多いので、黒の表現力の高さが伺える。「マトリックス」では暗い場所で急に強い光が差すシーンもそれなりにあるので、Dolby Visionのパワーを感じることができる。

なお、Dolby Cinemaはコントラスト比の高さが魅力なので、基本的に背景が黒い映画のエンドクレジットも地味ながら見どころとなる。


一方音響面では、割れや歪(ひず)みのない大音量でダイナミックな音がDolby Atmosによって動き回っている。「ターミネーター:ニュー・フェイト」ではそれがアクションシーンを盛り上げていた。

「ジョーカー」で要所要所流れるチェロによる劇伴では、低域が座席を震わさんばかりに深く響いていた。また、ショーの観客の拍手や、抗議デモの声が、Dolby Atmosによって劇場内のあちこちに定位していた。

「マトリックス」は冒頭で雷雨が続いているし、上空をヘリが飛ぶシーンもあって、Dolby Atmosの天井スピーカーとの相性の良さを感じられた。

梅田ブルク7(Dolby Cinema)と109シネマズ大阪エキスポシティ(IMAXレーザー/GTテクノロジー)に限った話かもしれないが、「アナと雪の女王 2」の低域はDolby Cinema向きだった。またしても本作をDolby Cinemaで観るべき理由が増えた。

なお、Dolby Cinemaの音響はどちらかというと映画向きで、音楽的にはIMAXほど美音でないので、比較するとやや物足りなさを感じてしまうのが少し残念だ。


作品の持つパワーがDolby VisionとDolby Atmosによって余すことなく収められ、それらを最高の状態で体験するために設計された空間で解き放つ。謳い文句通りの、まさに「映画に命を宿す場所」。それがDolby Cinema。


IMAXレーザー/GTテクノロジー

109シネマズ大阪エキスポシティ シアター11(IMAX)の入り口

IMAXと言えばまずはなんと言ってもかなりの大画面が特徴。

IMAXレーザー/GTテクノロジーのスクリーン。
横幅は26mあり、高さは6階建てビル相当の18m。

しかし109シネマズ大阪エキスポシティにあるIMAXは、ただのIMAXではない。4Kレーザープロジェクターと独自の12chサウンドシステムを採用するIMAXレーザーだ。IMAXレーザーの中でも、4Kレーザープロジェクターを2機使用し、IMAXカメラの画角(1.43:1)を全部表示しきる26m×18mの巨大スクリーンを擁する、IMAXレーザー/GTテクノロジーだ。

なおIMAXレーザーを導入する劇場は増えてきてはいるが、IMAXレーザー/GTテクノロジーを導入している劇場は日本では大阪の109シネマズ大阪エキスポシティと東京のグランドシネマサンシャインしかない。


これだけの広さのスクリーンがあると、かなり没入感が高まる。「ジョーカー」はIMAXカメラで撮影された作品のため、その巨大スクリーンいっぱいいっぱいに映像が表示されていた。視界がほぼ映像で満たされ、映画の中に入っていくような感覚すらあった。

それに対し「ターミネーター:ニュー・フェイト」はIMAXカメラの画角ではなかったので黒帯が出ていたが、そもそも画面が大きいので、画面外があまり視界に入らない。つまり黒帯が黒浮きしているのが気にならない。肝心の映像に関しては、ダイナミックなアクションシーンが大画面で繰り広げられるのは圧巻だ。

これだけ大画面ながらもさすが4Kツインレーザープロジェクター、明るく繊細で色鮮やかな映像を堪能することができる。


IMAXといえば画面サイズに目が行きがちだが、音響もかなりすごい。おそらくDolby Cinemaよりも大音量なのに、それでもなお破綻する様子がない

「ターミネーター:ニュー・フェイト」のアクションシーンを大音量で鳴らしていても全く音が歪んだり割れたりする様子がない。低音はバスレフっぽいボーボーした感じではなく、ドスドスと適度に締まった音がしっかり伝わってくる。

それでいてセリフはかなりクリアだし、音楽を鳴らしてもいい音がする。Dolby Cinemaで述べた「ジョーカー」のチェロ曲をかなり綺麗に鳴らしていたのが印象的だ。オーディオは難しいもので、あるものに特化すると何かが犠牲になりがちだが、IMAXの12chシステムはあらゆる音源を理想的な音で鳴らし切る。まさにオールラウンダーだ。


そんなIMAXはとにかく品質に自身を持っている。IMAXの入り口入ってすぐのところにこういった看板が出ているぐらいだ。

また、同様の内容のものが本編終了後にも表示される。流れは確か

(予告編)

IMAX “Never Compromise”


(予告編)

IMAX “Infinite Worlds”


IMAX Countdown


(本編)

「大切なのは品質です」表示

という順のはずだ。こう見るとIMAXは一回の上映で流すトレーラーが多い。なお映画泥棒はない。


IMAXはとにかく大画面、大音量、美音によるゴージャスな映画体験ができる。エキスポシティは交通の便が不便なところにあるのだが、それを補って余りある体験ができる。


まとめ?

繊細な映像、豊かな色彩、そして圧倒的な明るさや劇場内を含めた黒へのこだわりによる高いコントラスト比で魅せるHDRなど、リッチな映像体験ができるDolby Cinemaか。
とにかく圧倒的な大画面で大迫力なIMAXレーザー/GTテクノロジーか。

動き回るダイナミックなサウンドのDolby Cinemaか。
大音量なのに美音のIMAXレーザー/GTテクノロジーか。

ドゥーーンッ!と深く響く低音のDolby Cinemaか。
ドスドスと適度に締まった低音のIMAXレーザー/GTテクノロジーか。

甲乙つけがたいので、気に入った作品は両方で観ることをおすすめする。投げやりに感じるかもしれないが、どちらも満足感は高いはずだ。強いて言えばIMAXレーザー/GTテクノロジーの方が意識しなくても分かりやすい凄さがある。とは言っても「アナと雪の女王 2」のような完全にDolby Cinema案件な作品もあるので、やはり両方で観たほうが良いかもしれない。そして一緒に映画館沼にハマりましょう (は?)


井戸水

コメントを残す…