Pixel向けAndroid 10の初期ファームウェア、ビルド番号QP1A.190711.019とQP1A.190711.020について

先日Android 10が正式リリースされた。Pixelシリーズにはビルド番号QP1A.190711.019のものとQP1A.190711.020の2種類のファームウェアが用意されている

同じ月に2つ以上Pixelのファームウェアが出ること自体は別にそんなに珍しくはないが、その場合は「これはVerizon用」だとか「これはdocomo用」だとか、注釈がついている。

しかし今回はなんの注釈もなく2つ用意されている。軽く調べたが、色々なサイトを見ても「2つ用意されてるが違いはわからない」的なことが書いてあるだけだった。これらはそれぞれ何なのかを探ってみる。

まず、Android Beta Programに登録していて、Android Q Beta 6 (QPP6.190730.005)までアップデートしていたPixel 2 XLをAndroid 10にアップデート。すると、ビルド番号はQP1A.190711.020になった。そして、Android Q Beta 6の時には2019-09だったGoogle Play システム アップデート (Project Mainline)のバージョンは2019-08-01に落ちてしまった。

左:アップデート前 (Android Q Beta 6)、右:アップデート後 (Android 10)

次はAndroid Beta Programに登録していないPixel 3 XL。Android 9 Pie (PQ3A.190801.002)からAndroid 10にアップデートすると、ビルド番号はQP1A.190711.019になった。(そしてGoogle Play システム アップデートは2019-09だ。)

どうやらAndroid Beta Programの参加の有無と関係がありそうだ。ということでPixel 3 XLをAndroid Beta Programに登録してみる。すると、QP1A.190711.020のアップデートが降ってきた。そして、Google Play システム アップデートの方には2019-09から2019-08-01へのアップデート()が降ってきた。

最後にPixel 2 XLをAndroid Beta Programから外してみる。Android Beta Programへの登録を解除すると通常は最新の安定版までダウングレードされるのだが、どうやらQP1A.190711.020は別にアルファ/ベータ版という扱いではないようで、特にダウングレードはされなかった。そこで、Android 9 Pie (PQ3A.190801.002)のFactory Imageを焼いてから再びAndroid 10へのアップデートを試みた。すると、降ってきたのはQP1A.190711.019だった。(そしてGoogle Play システム アップデートはやはり2019-09だ。)

検証した結果、どうやらQP1A.190711.020はAndroid Beta Program用、QP1A.190711.019はそれ以外の通常版らしい。と言ってもQP1A.190711.020も安定版リリースとして扱われているようだ。実際に触ってみた限りでは、両者に機能的な違いは感じられなかった。QP1A.190711.020にはAndroid Beta Feedbackが同梱されているわけでもない。ただQP1A.190711.020だとGoogle Play システム アップデートのバージョンが古くなるだけだった。なぜファームウェアを2つに分けたのかはわからないが、今回のファームウェアの分け方は、珍しく特定キャリア向けのを作ったとかではなさそうだ。

井戸水

コメントを残す…